アーミッシュとの出会い

皆さんは、アーミッシュ(AMISH)と呼ばれる人達を聞いたことがありますか?

アメリカ、ペンシルベニアでの商談が予定より早く終わり、余った時間を持て余していると、訪問していた企業の担当者から、アーミッシュの居住区が近くにあるので、車で行ってみますか?と誘われました。どんな人達かと聞くと、『ドイツ系の移民で馬車に乗って暮らしている。』との事、折角なので連れて行ってもらうことになりました。正直、最初はアメリカに馴染めなかったドイツ系の移民達が、集団で貧しく暮らしているのかと想像したのですが、実際に見て、帰国後いろいろ調べると、非常に興味深い人達だったので、ご紹介したいと思います。ビジネスには直接関係なくても、こういう人達が世界に入るという事を知っておくことは大事だと思います。

アーミッシュとはどんな人達か?

アーミッシュは、もともとドイツ周辺でひっそりと暮らしており、キリストを信仰していましたが、洗礼のやり方などで異端者扱いをされ迫害を受け、18世紀、当時のアメリカ、ペンシルベニア州の領主であったウィリアム・ペンの庇護の下、信仰の自由を保証してくれるアメリカ大陸東海岸に移ってきたそうです。

アーミッシュの人達は、農耕や牧畜などをしながら移民当時の生活様式を守り続けており、今も携帯電話、テレビなど家電製品は使わず、移動は自転車か馬車です。実際にアーミッシュの馬車が乗用車に混じって信号待ちをしており驚きました※写真の赤丸がアーミッシュの馬車です。

農場の傍を通ったとき、黒い服(アーミッシュの正装)を着た男性が大きな馬に鉄の鍬を引かせて畑を耕しており、その鉄の鍬の後ろに小さな子供が乗って一本一本、穀物の苗を植えていました。それは、まるで映画のワンシーンのようでとても印象的でした。本当は車を降りて、彼らの写真を撮りたかったのですが、アーミッシュの人達は写真をとられるのを嫌うという事で車から見るだけになりました。

アーミッシュの人達と地元のアメリカ人の関係

ペンシルベニア在住の運転手さんにアーミッシュの人について聞いてみたら、とても平和的な人達で、男性は黒いズボンと白いシャツにサスペンダーと帽子、下顎にだけ髭を生やし、女性はドレスのみ、アーミッシュの人が家を建てたり修理する時は、コミュニティの人達が集まって手伝うと教えてくれました。

因みに、アーミッシュの子供達は、コミュニティの中で厳格な規律に従って育てられるそうです。そして16歳になるとルムシュブリンガ(Rumspringa)と呼ばれる規律から自由になる期間が設けられており、その間は規律から解放されて、禁止されていたロックを聞いたり、お酒を飲んだり、車にのったり、煙草も吸う事ができます。

そして、自由を満喫し社会をひと通り経験した後で、自己の判断で洗礼を受けてアーミッシュの教会に正式に入るか、そのまま俗世間で暮らすか決めるそうです。教会に入ったら車の免許証は返還し馬車の生活に戻ることなります。一方、俗世間で暮らすことを選べば、自由を得る代わりに家族だけでなくアーミッシュのコミュニティから絶縁される為、殆どの若者はアーミッシュに戻ってくるそうです。

徹底的な平和主義であるアーミッシュ

これは、帰国してから分かった事ですが、アーミッシュの人達は、非暴力主義を貫いており訴訟すら行わないそうです。
2006年10月、ペンシルベニア州ランカスター郡で、アーミッシュの学校に近所に住む非信者の男性が入り銃を発砲し、5人のアーミッシュの少女が命を落としました。その時に、犠牲になった少女の一人は、年下の生徒をかばおうと「私を先に撃って!他の子は開放して」と犯人に訴えたといいます。また、アーミッシュの人達は怒りを表明するどころか、自殺した容疑者の家族を事件の夜から訪ねて許し、遺族の一部は子どもの葬儀に招いたそうです。
やられたらやり返す人達が沢山いる中で、アーミッシュの徹底的な平和主義は、まさに正反対です。

アーミッシュを見た感想

ビジネスで成功しプール付きの家に住み、ブランドの衣装を身に着け、高級車に乗っている人が沢山います。その一方で、アーミッシュのように、厳しい規律の中で質素に平和に生きようとしている人達もいます。
どちらの生き方が幸せかは、実際に体験しない事には分かりませんが、それぞれの生き方を受け止めれるアメリカはやはり偉大だと感じます。
最近のトランプ大統領の発言を聞いていると、自由の国アメリカが少しずつ崩壊しているような気がします。今回、アーミッシュという人達の存在を目のあたりにして、いつまでも周辺国の憧れになる国であって欲しいと思いました。

追記:
本ブログを読んで、アーミッシュをもっと知りたいと思った方は、アーミッシュの紹介動画をYOUTUBEで見ることが出来ます。英語ですが画像だけ見るだけでイメージできると思います。

また、ハリソンフォード主演のWITNESS(目撃者)で殺人現場の目撃をし事件に巻き込まれる少年と母親が、アーミッシュの人達だそうです。