8月3日の報道によると、黒鉛電極大手メーカーの昭和電工カーボン(SDKC)が、「PFC―75」と呼ばれるプロジェクトで生産能力の拡大を目指しています。
PFCは、「変化の中で熱望を抱く」という意味の英語の略であり、数字の75と言うのは、今年第三期の生産能力を7.5万㌧/年間に引き上げるという意味です。

中国黒鉛電極の相場状況

中国製主要黒鉛電極の相場は、引続き下落しており、●万元/MT程度になっております。
川下の購買意欲は、消極的であり、黒鉛電極メーカーの間で価格競争も激しくなっています。
現在、黒鉛電極の在庫量は、昨年同期より大幅に減っていますが、相場の値下がりに応じて、成約も鈍化しており、相場は均衡状態です。

黒鉛電極の最新価格

◆2018年8月3日時点の参考価格
超ハイパワー電極(UHP)直径300~700mmのEXW価格:●~●万元/MT
ハイパワー電極(HP)直径300~500mmのEXW価格:●~●万元/MT
普通電極 直径300~500mmのEXW価格:●~●万元/MT

今後の相場見通し

昨年は、黒鉛電極の好調な売行きの中で、各メーカーが、出荷量を増やすことばかりに夢中になり、品質管理が疎かになり、結果として電極品質のバラツキが発生し、価格が大きく乱れました。
今は落ち着いており、当面は、相場が急騰急落する可能性は、薄いと見ております。

数字入りのデーターは有料です。下記の購入手続きボタンよりご購入下さい。

数字入りオリジナルデーター