皆さんは、中国の都市をどれくらいご存知ですか?

上海市、北京市、天津市、広州市、青島市、西安市、蘇州市、南京市、無錫市、杭州市など、中国ビジネスをしている人であれば、10都市までならすぐに言えると思います。もし、あなたが30都市以上言えるのであれば、かなりの中国通と言えます。

スポンサーリンク

中国の都市人口は、日本の都道府県よりも多いです。

中国には、661の都市(内訳:直轄市4、地級市283、県級市374)があります。
そのうち人口1000万人を超えている大都市は、重慶市(直轄市)、上海市(直轄市)、北京市(直轄市)、成都市(四川省)、天津市(直轄市)、広州市(広東省)、保定(河北省)、ハルピン市(黒竜江省)、蘇州市(江蘇省)、深セン市(広東省)、南陽市(河南省)、石家庄市(河北省)、臨沂(山東省)であり、合計で13都市です。

人口300万人以上であれば180都市、100万人以上になると303都市もあるから驚きです。

中国で一番人口が多い都市は、上海市または北京市だと思っている人が多いと思いますが、実はそれぞれ2位と3位であり、トップは、重慶市の2884万人です。

日本の都道県人口のトップである東京都の2017年10月の推定人口は、1374万人なので、重慶市一つの中に、東京の2倍以上の人が住んでいることなります。
なお、大阪府は、人口ランク19位の山東省青島市とほぼ同じです。福岡県にいたっては、紹興酒で有名な紹興市(人口ランク89位)と同レベルです。

人口ランキング表を見ると、中国の都市は、日本人の都道府県なみであることが理解できます。

中国の直轄市(ちょっかつし/zhíxiáshì)とは?
直轄市は、中国中央政府が直接管理している省級の行政単位であり、現在、北京市、上海市、天津市、重慶市の4都市が該当します。
中国の直轄市は、省、自治区、特別行政区と同様に1級の行政単位であるため、行政的地位は省と同じです。

中国都市人口ランキング1位~339位

2017年中国都市人口ランキング※赤字は、2017年017年10月1日推計の日本の代表都道府県人口