スポンサーリンク

中国語のサイトを作っても中国で表示されるとは限りません

Webサイトの多言語化として中国語ページを作る企業様が増えてきました。自社の商品やサービスを中国語に訳せば、中国語サイトは完成します。しかし、中国語のサイトを作ったら自動的に中国13億人の市場とつながるわけではありません。知識のない人が中国語サイトを作ると、日本では表示できても肝心の中国本土では非表示となる場合があります。

中国のインタネット防火壁

中国には、防火長城fáng huǒ cháng chéngと呼ばれる、通信における万里の長城があります。英語では、Great Firewall of China(略して、Great FirewallまたはGFW)と呼ばれてます。この国家レベルの検閲システムにより、中国国内外のインターネット通信は、すべて中国政府に管理されてます。そして、違法とみなされたWebサイトは、接続規制を受けたり遮断されたりします。ちなみにGoogle、Youtube、FaceBook、Line、Twitter、Instagram、Dropbox、Evernoteは、中国国内では閲覧できません。

日本のサーバーを使って運用されているWebサイトは、この防火長城を通過する必要があります。中国政府により、記載内容や画像が好ましくないと判断されたサイトは、閲覧規制をされます。また、普通の企業サイトでも、Webサイトのプログラム内容によっては表示されない場合があります。実際に、弊社のサイトでもフラッシュ画像が中国で非表示となったことがあります。原因を調査すると、jqueryライブラリーに、中国で規制対象となっているGoogleにリンクさせるコードがあることが判明し、修正コードを入れたら問題なく表示されるようになった経験があります。

中国の表示状況を日本で確認する方法

中国語のWebサイトが、中国本土でどのように表示されるかは、日本にいてもある確認できます。是非、覚えておいて欲しいツールをご紹介します。

1.防火長城チェッカー

Greatfirewallofchina. org
Test your siteに調べたいWeb SiteのURLを入れ、Testボタンを押すだけです。問題なければすべてOKの表示が出ます。

本サイトのテスト結果

Comparitech
DOMAIN TO CHECKに調べたいWeb SiteのURLを入れ、SEARCH AGAINボタンを押すだけです。問題なければ、This URL appears to be accessible from mainland chinaの表示が出ます。

本サイトのテスト結果

2.中国国内のWebサイト表示速度チェッカー

防火長城チェッカーに問題がなければ、次はWebサイトの中国国内の表示速度チェックです。日本を含め中国国外のサーバーを使ってWebサイトを運用している場合は、どうしても速度が遅くなります。その場合、chinaz.comを使えば、簡単に調べることができます。

メニューから、国内測速を選択し、調査したいURLを記入し、査看分析ボタンを押すと中国各省でのWebサイトの表示速度が出てきます。
弊社のサイトは、中国市場向けで作っていませんが、中国の主要都市がある沿岸部において表示速度は問題なさそうです。
※お使いのサーバー設定が、海外からのアクセスを禁止している場合は使えません。

当サイトの中国国内サイト表示速度

中国市場で本格的にWebサイトを運用するには?

日本のサーバーを使って、防火長城チェッカーも表示速度チェッカーも問題なければ、中国市場向けWebサイト運用を攻略したと言えるのでしょうか?答えはNOです。本格的に中国市場でWebサイトを運用するには、中国工信部から、ICP(Internet Content Provider)ライセンスを取得する必要があります。ICPライセンスは、中国の法律で定められており、法人・個人を問わず、中国国内のサーバーを使ったすべてのWebサイトは、公開するWebサイトのトップページ底部にライセンス番号を記載することが求められおります。

百度のICPライセンス番号

このICPライセンスが取得できるのは、中国国内に登記している法人でかつ中国国内にサーバを持っていることが条件です。よって、日本にしか拠点がない企業の場合は、信頼できる中国企業にICPライセンスを持ったWebサイトを構築してもらうか、自ら現地に法人を設立しライセンスを取得するかどちらかです。

ICPライセンスの取得が難しい場合はどうすれば良いか?

前述のとおり、ICPライセンスは、中国に会社がないと取得できません。よって、中小企業や個人事業主には、ハードルが高くなります。ICPライセンスの取得が難しい場合は、日本または中国国外のサーバーでサイトを運用することになります。中国の検索エンジンの代表である百度は、ICP番号がサイトに記載されてるWebサイトを優先表示すると言われており、ICP番号のない海外サイトは、自然検索(オーガニック検索)では不利となることは覚悟する必要があります。それでも、WeChatや中国のブログサイト微博などを通じて上手にWebサイトを宣伝すれば、海外サーバーを使ったWebサイトでも中国国内で閲覧者が増やすことは可能です。また、百度は、海外WebサイトでもINDEX(登録)ができるので、一応しておく方ことをお勧めします。

百度のWebサイトINDEX方法

链接提交(リンク提出)というページに、URLを入れて、提交ボタンを押せば完了です。ただし、事前に百度に会員登録しておく必要があります。中国国外からの会員登録は下記URLからできます。
百度会員登録URL
手机号とは、携帯番号の事です。日本携帯の場合は、₊81-901234678のようになります。用户名とはユーザー名のこと、密码とはパスワードのことです。これら3つを記入したあと、获取短信验证码(パスコードを入手する)をクリックします。すると安全验证という文字コードが出るので、それを左にタイプして、確定ボタンを押します。しばらくすると携帯番号にパスコードが届きます。そのコードをサイト上で記入すると登録完了です。

百度会員登録が成功時の画面