サイトで使用する中国語は、簡体字が良いか繁体字が良いか?

中国語には、簡体字(かんたいじ)と呼ばれる簡易表記された文字と、繁体字(はんたいじ)と呼ばれる画数が多い伝統文字の2種類があります。簡体字は、中国・シンガポール・マレーシアなどで使用されています。NHKのラジオ中国語講座など、日本人が勉強する中国語は、すべて簡体字です。一方、繁体字は、台湾・香港・マカオなどで使われております。

【簡体字を使っている地域】中華人民共和国、シンガポール、マレーシア
【繁体字を使っている地域】台湾、香港、マカオ

旅行サイト、工業製品、食品サイトなど中国企業と台湾企業の両方を顧客にする場合は、ウエブサイト上で簡体字と繁体字の切り替えがあるほうが親切です。しかし、中国語としてどちらか一つだけを選ぶとすれば、使用人口が圧倒的に多い簡体字を使うほうが無難です。

スポンサーリンク

中国語を記入すると字体(フォント)が崩れる場合があります。

最近は、ワードプレスなどのCMS(Contents Management System)を使って自社でサイトのコンテンツ(内容)を追加したり編集している企業は多いですが、中国語の文字をそのまま記入すると、表示された字体が崩れてしまう場合があります。これは、ウエブサイトが中国語の字体に対応してないことが原因です。

中国語の字体が崩れた状態の画像

ところどころ簡体字で書かれてある字が細くなっています。読めない事はありませんが、中国人からすると読みにくい文章です。

中国語の字体を整えた状態の画像

簡体字を含めて全ての字体が統一されており、中国人にスムーズに読んでもらえます。

中国語の字体(フォント)を修正する方法

style.css に中国語用の字体(フォント)を追記すれば不具合は解決します。ちなみに、私は以下の通りCSSを追加しました。

CSSコード記入例

左から順に優先して表示されます。

/*——————————
/* フォントサイズ 中国語
/*—————————-*/
body {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}
h1 {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}h2 {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}

h3 {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}

h4 {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}

h5 {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}

h6 {
font-family: ‘Microsoft YaHei’,’Microsoft JhengHei UI’, ‘SimSun’, ‘SimHei’;
}

ワードプレスをお使いの場合、単にCSSを変えただけでは、自体が変わらない場合があります。その理由は、ウエブサイトの優先言語が日本語になっているからです。もし、字体が変わらない場合は、管理画面の設定>一般>サイトの言語を日本語から簡体中文に変更する必要があります。

ただし、管理画面がすべてが中国語に変ってしまうので、中国語が読めない人は、毎回、サイト言語を日本語に戻す必要があります。