2020年中国の公式休日は?

中国には春節、清明節、労働節、端午節、中秋節、国慶節と呼ばれる国民休日があります。

大型連休の代表は、春節です。旧暦の正月休みのことであり、毎年春運(チュンユン)と呼ばれる民族大移動のような帰省ラッシュが発生します。春節の期間は、物流業者も休むのでビジネスをしている方にとって注意が必要です。

もう一つの大型連休は、国慶節です。中国の建国記念日であり毎年10月1日から始まります。今年はたまたま中秋節と重なったため8連休となります。

また旅行や消費を促すため労働節の休みも増えており今年は5連休になります。

2019年11月21日に中国政府の国務院が公式発表した2020年の法定祝祭日および振替出勤日は以下のとおりです。

なお台湾も旧暦を採用していますが休日の期間は中国とは異なります。

 
 

2020年 中国の休日早見表

▲目次に戻る

中国祭日の詳細(由来など)

 

元旦 yuán dàn

元旦休みは2020年1月1日(水)の1日のみです。日本のように大型連休ではありません。

元旦を英語ではNew year’s holidayと言います。

元旦の”元 yuán”は「始まり」、”旦 dàn”は「朝」の意味があります。

中国には旧暦(農歴)と呼ばれる月の運行と太陽の運行を基本にした伝統的な暦法があります。

1949年9月27日、中国政府は国民が使うカレンダーに西暦を採用することを正式決定し、西暦の1月1日を”元旦”、旧暦(農歴)1月1日からの旧正月を”春節”と呼ぶことを定めました。

▲目次に戻る
 

春節 chūn jié

2020年1月24日(金)~2020年1月30日(木)の7連休。

春節を英語では”Lunar New Year”、”Chinese New Year”、”Spring Festival”などと言います。

二十四節気の一つである雨水(うすい)直前の新月(朔日/さくじつ)が旧暦の1月1日であり中国のお正月です。旧正月とも言います。

1949年9月27日、中国政府は国民が使うカレンダーに西暦を採用することを正式決定し、旧暦(農歴)1月1日からの旧正月を”春節”、西暦の1月1日を”元旦”と呼ぶことを定めました。

台湾の春節
台湾の春節は中国より1日ずれており1月23日(木)~1月29日(水)の7連休です。※振替出勤日は2月15日(土)
▲目次に戻る
 

清明節 qīng míng jié

2020年4月4日(土)~2020年4月6日(月)の3連休。

清明節を英語では”Tomb-sweeping Day”、”Qingming Festival”などと言います。

二十四節気の一つである春分から15日目の清明(せいめい)は、日本のお彼岸やお盆のように家族そろって先祖の墓参りに出かけます。中国4大伝統祭日の一つです。英訳の”Tomb Sweeping festival”とは”お墓掃除の祭日”という意味です。

中国のお彼岸、清明節(チンミンジエ)に関連する逸話について
台湾の清明節
台湾の清明節は児童節と重なり4月2日(木)~4月5日(日)の4連休です。
▲目次に戻る
 

労働節 laó dòng jié

2020年5月1日(金)~5月5日(火)の5連休。日本でいうメーデーです。

労働節を英語では”Labor Day”と言います。

1949年に「全国祝日及び記念日休暇弁法」により正式に国で認められた祝日です。当初は5月1日だけでしたが現在では大型連休の一つになりました。

台湾の労働節
台湾の労働節は5月1日(金)~5月3日(日)の3連休です。
▲目次に戻る
 

端午節 duān wǔ jié

2020年6月25日(木)~2020年6月27日(土)の3連休。

端午節を英語では”Dragon Boat Festival”、”Duanwu Festival”、”Double Fifth”などと言います。

中国4大伝統祭日の一つです。2008年から国家の法定祭日となりました。

中国ではこの日に粽(ちまき)を食べます。これは、中国で人望があった政治家、屈原が入水自殺した長江支流の汨羅江(べきらこう)に粽を投げ入れて屈原の亡骸を魚が食らわないよう魚のえさとしたのが由来とされています。

また、ドラゴンボートレースが行われたりもします。

端午節の”端duān”は、始まりや起点を意味する開端kāi duān、”午wǔ”は旧暦(中国では農歴と言います)の5月のことを意味します。

古代中国では、各月を十二支(じゅうにし)で表しており、寅(1月)・卯(2月)・辰(3月)・巳(4月)・午(5月)・未(6月)・申(7月)・酉(8月)・戌(9月)・亥(10月)・子(11月)・丑(12月)でした。

このような暦の数え方は、干支暦(かんしれき)とも呼ばれており、干支暦においては、寅(1月)-卯(2月)-辰(3月)が春、巳(4月)-午(5月)-未(6月)が夏、申(7月)-酉(8月)-戌(9月)が秋、亥(10月)-子(11月)-丑(12月)が冬となります。

旧暦の午月(5月)は、夏の真ん中にあたる月であり一年で最も日差しが厳しく暑さでのぼせやすい季節です。

古代中国では、5月5日を悪月悪日として魔除けを行う風習がありこれが本当の由来であるとも言われております。

台湾の端午節
台湾の端午節は6月25日(木)~6月28日(日)の4連休です。
▲目次に戻る
 

中秋節 zhōng qiū jié

2020年10月1日(木)~2020年10月8日(木)の8連休。

2020年は中秋節と国慶節が重なり特例として8連休になりました。

毎年、旧暦(農暦)の8月15日に行われる名月を賞する中国の習俗です。中国4大伝統祭日の一つであり月餅やくだものを食べます。

中秋節を英語では”Mid Autumn Festival”、”Moon Festival”などと言います。

仲秋月と書く場合もあります。

台湾の中秋節
台湾の中秋節は10月1日(木)~10月4日(日)の4連休です。※振替出勤日は9月26日(金)
▲目次に戻る
 

国慶節 guó qìng jié

2020年10月1日(木)~2020年10月8日(木)の8連休。

2020年は中秋節と国慶節が重なり特例として8連休になりました。

国慶節を英語では”National Day”と言います。

毎年10月1日から始まる大型連休です。日本でいう建国記念日であり、1949年10月1日に北京天安門広場で毛沢東主席が中華人民共和国中央人民政府の成立を宣言した日を指します。

毎年、首都北京では大規模な軍事パレードがおこなわれます。

台湾の国慶節
ときどき勘違いしている日本人がいますが、台湾の国慶節は辛亥革命が勃発した10月10日であり中国とは異なります。2020年の台湾の国慶節は、10月9日(金)~10月11日(日)の3日間です。
辛亥革命とは、1911年孫文らが中心となって清朝を倒し、1912年に孫文を臨時大総統とする中華民国を樹立した革命のことです。
▲目次に戻る