1.お酒で酔っぱらう

お酒はビジネス相手を深く理解するのに一定の効果があります。日本では、会食時のお酒は、個人個人の好きなペースで飲みます。一方、中国では一人飲みはせずに、周りの席の人と乾杯をしながらに賑やかに飲みます。
また、白酒と呼ばれるアルコール度がウイスキーよりも高いお酒を飲む習慣があり、調子に乗って乾杯していると突然酔いが回ることがあります。品のない酔い方をする人は、中国に限らず世界中で軽蔑されます。
中国ビジネスではお酒は必須と言う人がいますが、それは昔の話です。お酒を飲まなくても十分に仕事はできます。

2.中国を分かった気でいる

駐在などで中国に住んでいる日本人の中には、半年くらいすると、中国専門家のように何もかも分かった気分になる人がいます。中国に住みながら自身は中国語も理解せず商談を中国人スタッフに任せて、週末は日本人達だけと交流している人が、中国人スタッフを前に偉そうに中国について語っても説得力はありません。

3.日本に誇りを持ちすぎている

日本の技術力は、たしかに素晴らしいものがあります。しかし、最近の中国も素晴らしい技術を持っている企業が増えております。何でも日本が一番であるという上から目線で考えていると正しい判断を誤る可能性があります。日本がナンバーワンという思い込みを捨てて、中国企業の良いところを見つけて活かしていく姿勢がこれからは必要となります。

4.中国人スタッフに権限をあたえない

日本人駐在員の中には、中国人の営業スタッフを信じず価格や仕様決めなどの決定権を一切持たせないまま、彼らに顧客と商談させる人がいます。
権限を与えずに中国人スタッフに営業をさせるのは、武器を持たずに戦えという事に等しく、いずれは中国人スタッフの士気を下げます。本来、中国人は、日本人より交渉事が得意です。中国人スタッフに一定程の裁量権を与えることは、ビジネスを円滑にする上で重要です。

5.情報を聞くだけで提供しない

日本の企業は、情報交換という名目で、中国顧客へ訪問する場合があります。情報交換として相手にアポイントを取る以上は、日本企業側も役立つ情報を用意しておく必要があります。
しかし、一部、日本企業の中には、中国顧客から情報を聞くばかりで自らの情報は開示しない場合があります。相手も忙しい中で時間を作ってくれていることを十分に理解して顧客訪問することが大事です。