中国最大の鉄鋼情報会社Mysteelが中国電炉メーカー53社(生産総能力:4,300万㌧)に対して稼働率の調査を行ったところ、2月1日までの平均稼働率は14%で先週より▲22.99%下回った。尚、中華商務網の2月1日の報道によると、春節連休前の最終週のため国内黒鉛電極の成約は低調であった模様。力黒鉛電極製品の価格は穏やかながらやや下落した。

市場分析

春節連休のため2月は電炉メーカーの稼働率が下がる。尚、川上の原料相場が下落にともない黒鉛電極の製造コストは下がっている。連休明け、国内黒鉛電極の相場は小幅に下落し、価格変化の幅は5,000-10,000元左右/MTで推移する見通し。

黒鉛電極の最新価格

◆今週の成約価格
超ハイパワー黒鉛電極(直径:300-700mm)のEXW価格:4-10万元/MT
ハイ・パワー黒鉛電極(直径:300-600mm)のEXW価格:3.3-6万元/MT
普通黒鉛電極(直径:300-600mm)のEXW価格:3-4万元/MT

中国の相場情報:工業原材料の市場動向および価格情報