中国語を習い始めた日本人が、はじめにつまずきやすいところ

海外ビジネスをすると中国語圏の人と出会う事が多くあります。そんな時に中国語が理解できるようになると世界が確実に広がります。
中国語を勉強する日本人が、最初に覚えないといけないのは、四声(しせい)という発音です。

中国語は、同じ音の言葉でも、発音の仕方を変える事で意味が変わります。
日本語にも雨(あめ)と飴(アメ)など発音で意味が変わる言葉はありますが、中国語に比べると数は圧倒的に少なく、また発音の仕方も基本は2種類しかありません。

しかし、中国語は、この音の上げ下げで意味を変える言語であり、四種類の発音を使い分ける必要があります。
抑揚の少ない言葉になれた日本人は、この『四声』を聞き分けるヒアリング力が全体的に弱く、中国語を習い始めた日本人の多くが戸惑うところです。

マの四声

例として『マ』という言葉で説明すると、音を上げたり下げたりすることで、以下のように意味が変わります。
第一声:高くまっすぐ発音すると、妈(お母さんの意味)
第二声:低いところから高くあげて発音すると、麻
第三声:低いところからすくいあげるように発音すると、馬
第四声:高いところから落とすように発音すると、骂 ( 叱る、罵るの意味)