7月2-6日の週における、ルフラール(以下、FFLと言います)の中国市場相場は、中国政府の環境保護政策の影響および堅調な川下需要により、現物品の品薄感があり、先週に引き続き値上がりしました。

スポンサーリンク

7月2日~6日の山東地域のFFL参考価格(単位:元/MT、EXW価格)

7月2日 月曜日13,200元~13,300元(先週相場より100-200元/MT値上がり)
7月3日 火曜日13,400元~13,500元(前日より値上がり)
7月4日 水曜日13,500元(前日と同じ、横ばい)
7月5日 木曜日13,600元~13,700元(前日より小幅値上がり)
7月6日 金曜日13,600元~13,700元(前日と同じ、横ばい)

専門家による来週のFFL相場展望

7月2日の週の相場は、値上げ基調でしたが、急騰ではなく、前日比100-200元/MTと緩やかな上昇でした。

川下需要が堅調と言われていますが、FFLメーカー各社は、一定量の在庫を持ちながら、市場動向を見極めようとしています。これにより、市場に流通されるFFL現物量に不足感が生じており、価格を押し上げる要因になっています。

このような状況がいつまで維持できるかは分からないが、各メーカーが確保している在庫を一斉に市場に放出すると相場の急落が避けられないと思われます。