今週のTDI中国市場

今週の中国国内TDI市場は、一旦価格が下落した後、安定し、後半に再び小幅に上昇した。変動の主な原因は、甘粛・銀光が、販売制限政策の影響を受け、川下の引合が増えた事。煙台・巨力会社が、9月にTDI生産設備のメンテナンス予定の話があり、エンド・ユーザーが在庫補充の動きを見せた事などがある。現在、TDIメーカーの在庫は、全体的に低水準であり、週後半、海外向け見積価格が小幅に上昇した。中長期的には、TDIメーカーの生産設備メンテナンス状況を注意しておく必要がある。

今週のTDI市場トピック

TDI=トルエンジイソシアネート(C9H6N2O2)
⑴8月欧州TDI市場の契約価格は、7月比€100-€150/MT安の€2,650-€2,700/MTに下落。業界関係者によると8月欧州BASF会社のTDI製造装置が稼働開始した模様。
⑵BASF(韓国)の東南アジア地域向けTDI見積価格は、USD3,350/MT。中国市場向けのTDI見積価格は、僅かに高くUSD3,400-3,450/MT。
⑶日本製TDIの中国向けTDI見積価格は、USD3,450/MT。
⑷Covestroの東南アジア向けのTDI見積価格は、USD3,450/MT。
⑸Covestro(上海)のTDI見積価格は、RMB32,000/MTを維持。※最新価格はまだ未公表。年間25万MTのTDI生産設備は、正常稼働。10月末或いは11月初、生産設備を停止させメンテナンスを行う予定。尚、Covestro(欧州)のTDI生産設備は、9月にメンテナンスする予定。
⑹中国甘粛・銀光会社は、今週、TDI販売量を抑制。最新のTDI見積価格は、RMB32,500/MT。

2017年~2018年中国国内TDI市場価格の推移

単位:RMB/MT、青色:華東上海貨物の価格、茶色:華南国産の価格、緑色:華北上海貨物の価格

中国国内TDI市場価格の週間変動表(単位:RMB/MT)

8月9日8月16日先週比注記
華北国産品31000

31500
30500

30600
-500/-900税金及び運輸代を含む
華北上海品31500

31500
31000

31000
-500/-500税金及び運輸代を含む
華東国産品30800

31200
30200

30500
-600/-700税金及び運輸代を含む
華東上海品31200

31500
31000

31000
-200/-500税金及び運輸代を含む
華南国産品29500

30000
28800

29000
-700/-1000税金及び運輸代を含まず
華南上海品30000

30000
29500

29700
-500/-300税金及び運輸代を含まず

中国国内TDIメーカーの稼働状況

メーカー名生産能力稼働状況
煙大巨力年間8万MT9月にメンテナンス予定
滄州大化年間15万MT本年度メンテナンス計画無し、生産能力を増強する予定あり。具体な実施時期は未定。
甘粛・銀光年間10万MT正常稼働。メンテンナンス時期不明
福化工貿年間10万MT正常稼働
上海Covestro年間25万MT10月末または11月初にメンテナンス予定
上海BASF年間16万MT正常稼働

2018年中国国内TDIメーカー週間生産量及び稼働率

今週の中国国内TDIメーカーの週間生産量は約1.82万MT。中国全土TDIメーカーの稼働率は、ほぼ100%。

青色:週間生産量、茶色:週間稼働率

韓国製TDIの輸入価格推移(単位:USD/MT)

韓国製TDIの見積価格は米ドル3,400-3,450/MT(FOB)。ブロカー経由した見積金額は米ドル3,500/MT。

スポンサーリンク

最近のTDI相場状況

最近の華東地域のTDI相場は、下落傾向である。今週の最高価格と最低価格の価格差は、RMB150/MT。
低迷要因は以下の通り:
*輸入品が殺到、港倉庫に在庫が増え市場への供給量が増加。
*港倉庫の在庫量が約3万MTを維持、減る見込みない。
*一部トレーダーが意図的に平均価格を下げている。
*国際原油の先物価格が下落し、相場に消極的な影響を与えた。

今後のTDI相場予測及び分析

甘粛・銀光の生産設備メンテナンス情報が外に漏れたため、TDI市場では、買いが増え、一次的に相場を引き上げたが、川下に一定量の在庫があるため成約数量事態は少なかった。また、輸入品が増えた為、バイヤーが積極的に高値で仕入れる可能性は低い。当面は、価格の急変動は起きにくい、中長期では、TDIメーカーのメンテナンス計画の見極めが必要。