2018年1~5月の超ハイパワー電極(UHP)の生産量は、昨年同期に比べ、30%以上増加しました。生産量の増加により、電極相場は、徐々に下がっています。

中国の黒鉛電極生産量

先週の報道によると、2018年1~5月、中国の黒鉛電極の総生産量は、24.5万MTでした。
その内訳は、普通黒鉛電極の生産量が、6.2万MTで昨年同期に比べ2%減。ハイパワー電極(HP)の生産量が、9.1万MTで昨年同期に比べ9.9%減。超ハイパワー電極(UHP)の生産量が、9.2万MTで昨年同期に比べ30.28%増でした。

中国の黒鉛電極の在庫量

2018年1~5月、中国黒鉛電極の在庫量は、5.8万MTであり、昨年同期に比べ24.71%減りました。
その内訳は、ハイパワー電極(HP)の在庫量が1.8万MTで昨年同期に比べ21.46%減。超ハイパワー電極(UHP)の在庫量が2.06万MTで昨年同期に比べ6.81%減でした。

中国の黒鉛電極の輸出額

中国黒鉛電極業界企業25社より収集したデータによると、2018年1~5月の間、中国製黒鉛電極の輸出量は、5.3万MTで昨年同期に比べ30.8%増でした。
その内訳は、ハイパワー電極(HP)の輸出量が1.45万MTで昨年同期より1.04%減。超ハイパワー電極(UHP)の輸出量が3.5万MTで昨年同期に比べ55.63%増でした。

業界関係者による今後の相場見通し

黒鉛電極の価格は、依然として暴騰しており、黒鉛電極メーカーは、暴利を得ていると言われています。しかし、需要を満たすため、内モンゴル、東北、山西、四川地域などで新しい黒煙電極工場が次々と建設されております。短期的には価格の大幅な変動は少ないと思わますが、長期的に見れば、黒煙電極の相場は、下落基調です。

2018年6月末時点の参考価格

超ハイパワー電極(UHP)直径450-700mmのEXW価格:7~16万元(1万~2.4万ドル)/MT
ハイパワー電極(HP)直径300-500mmのEXW価格:6~10万元(9千~1.5万ドル)/MT
普通電極 直径300-500mmのEXW価格:3~5万元(4.5千~7.6千ドル)/MT