今週の中国石油化学企業のPP販売価格(単位:RMB/MT)

メーカー地域種類前週価格今週価格先週比
SINOPEC華北糸引き9200

9750
9700

10150
+500/+400
共重合10150

10400
10750

11000
+600/+600
華東糸引き9500

9750
9900

10150
+400/+400
共重合10550

10700
11150

11300
+600/+600
華南糸引き9450

9800
9900

10300
+450/+500
共重合10600

10700
10850

11500
+250/+800
PETRO CHINA華北糸引き9450

9550
9950

10050
+500/+500
共重合10300

10900
10900

11600
+600/+700
華東糸引き9550

9650
10000

10100
+450/+440
共重合10600

11000
11000

11600
+400/+600
華南糸引き9500

9600
10000+400
共重合10400

10900
11000

11800
+600/+900
分析:
※価格は、2018/8/9日17:00時点の情報にもとづく。
※今週(8月3日~8月9日)は、各石油化学企業の稼働率は、90.8%を維持していた。現在、各企業の在庫量は、中レベルであり、供給面の圧力は小さい。今週、先物の相場が急騰したため、現物の成約価格へ影響が出て、RMB400―600/MT値上がりした。

中国PP顆粒在庫推移表(単位:RMB/MT)

各大手石油化学企業の在庫量は、先週より2.25%増、トレーダーの在庫量は、先週より10.97%増、全般的な在庫量は、先週より4.03%増。メーカーの値上がりによって、トレーダーの仕入れが消極的。実際需要がない限り在庫補充を行ってない状況である。先物の相場が急騰したので、トレーダーの中では、まだまだ価格があがると楽観視しており、在庫量が充足している。来週、在庫量は、引続き小幅に増えると予測している。

今週の中国国内PP販売(単位:RMB/MT)

地域種類プレート番号生産企業市場先週価格今週価格増長幅変動率
東北糸引きL5E89撫順瀋陽9650100504004.15%
共重合EPS30R大慶煉化瀋陽10550108002502.37%
華北糸引きL5E89神華包頭臨斤(三水の辺)9700100003003.09%
共重合EPS30R大慶煉化臨斤(三水の辺)10700112005004.67%
K8303燕山石化北京10600111505505.19%
華東糸引きT30S中油上海9650100504004.15%
L5E89中煤楡林杭州9630100504204.36%
共重合K8003独山子余姚11100117006005.41%
華南糸引きT30S福建聯合厦門9700102005005.15%
T30S茂名石化順徳9950100505505.53%
共重合EPS30R茂名石化順徳10850116007506.91%
分析:
※価格は、2018/8/9日17:00時点の情報にもとづく。

今週のPP市場価格推移表(単位:RMB/MT)

先物高騰及び各大手石油化学企業の値上げの影響により、今週、中国国内PP販売価格は、先週比RMB400-600/MT高の大幅値上げとなった。これにより各メーカーの在庫量が増えている。現物価格は、高止まりしており、川下の仕入れを抑制している。特に、中小バイヤーの価格抵抗が強烈。トレーダーより「水曜日以後、実際の成約量が減少」との話あり。木曜日(8月9日)まで、糸引きの主流価格は、RMB9,950-10,150/MT、共重合の主流価格は、RMB11,050-11,650/MT。

(青色:糸引き、茶色:共重合)

今週のアジアPP顆粒市場価格の比較(単位:USD/MT)

地域種類最低価格最高価格今週平均価格先週平均価格増長率
CFR極東糸引き1219122112201200+20
射出成形1219122112201200+20
IPP膜1229123112301210+20
BOPP膜1239124112401220+20
共重合1269127112701240+30
CFR東南アジア糸引き1239124112401230+10
射出成形1229123112301220+10
IPP膜1259126112601250+10
BOPP膜1269127112701265+5
共重合1279128112801275+5
CFR南アジア糸引き/射出成型1279128112801265+15
IPP膜1269127112701260+10
BOPP膜1299130113001280+20
共重合1309131113101285+25
分析:
※価格は、2018/8/9日17:00時点の情報にもとづく。

アジアのPP顆粒市場価格推移図(単位:USD/MT)

メーカーの操業率は低く、在庫量が急減、供給不足の基調の中で、アジアPPの市場価格は、値上がりした。現在、東南アジアと南アジア地域の糸引きニーズが好調、特にセメント梱包袋用の需要が旺盛。インドでは供給不足の状況は、年末まで続くとの予想、但し来年、インドの新規PP装置の稼働開始に伴い、供給不足は今後改善される見込み。最近、中国製PPは、海外向けに輸出ガ多くて、特にラテンアメリカ向けが伸びている。その他、韓国のS-Oilプロジェックトは、8月中旬から新規40万MT/年間のPP装置を起動する予定がある。

スポンサーリンク

来週、中国PP市場の予測

1.市場影響要因

(1)PP原料価格の値上がり基調は継続中であり、各メーカーも販売価格を値上げしている。貨物供給は充足している。
(2)国内複数メーカーが装置のメンテナンスを行っており、歩留まりに影響を与えている。
(3)各メーカーの在庫量が小幅に増えている。
(4)中小バイヤーの仕入れが落ちている。値上がりに対する抵抗がありそう。

2.来週への市場予想

PP製造原料のアクリル(propylene)とPP先物の価格は、引き続き値上がりすると思われる。各石油化学大手企業の価格は、高止まりしており、川下中小バイヤーより価格に対して抵抗感がある。実需に合わせて仕入れを行っているので、来週のPP相場の変動幅は大きくない、RMB100/MT以内の見込み。