海上保険を考えたのは、どんな人?

海上保険は、14世紀のイタリアで生まれたと言われております。では、海上保険を考えた人は誰でしょうか?実は、海上保険は天才的な法律家がゼロから考えたのではなく、海外保険ができる前から地中海交易で使われていた冒険貸借(ぼうけんたいしゃく:Bottomry)が転化して出来たと言われております。

冒険貸借について

この冒険貸借は、現代の海上保険とは仕組みが異なります。
現代の海上保険では、交易をしたいと思っている貿易業者が、保険会社に保険料を支払います。しかし、冒険貸借では、物を仕入れ、船を借りて交易をしたいと思っている貿易業者に、お金持ちの個人資本家が、資金を貸し出します。もし航海が無事に遂行されれば、貿易業者は借りていた元金に利息を付けて資本家に返済します。
しかし、万が一、海難や海賊に遭って貨物が全損となった場合は、貿易業者は、資本家にお金を返済する必要はありません。因みに、航海が無事に遂行された時に資本家に支払う利息は、1航海につき22%から33.3%であったと言われており、超高利貸しです。

冒険貸借で冒険的な航海に乗り出す事業家に資金を出している資本かは、保険者というよりは、現代のベンチャーキャピタルに近いような感じがします。それにしても、22%~33.3%の高い利息が受け入れられていたということは、地中海交易に一度成功すれば、莫大な利益が手に入る商売であったことがうかがえます。

貿易貸借から海上保険への転化

この冒険貸借は、12~13世紀には、イタリアをはじめフランス、スペイン、ポルトガルでも盛んに使われておりました。しかし、1230年頃、お金の貸し借りで高利を受取ることはキリスト教の教えである隣人愛に反するとの考えから、ローマ法皇グレゴリオ9世によって徴利禁止令(=利息禁止令)が発令され、冒険貸借は禁止されてしまいました。
その後、違反にならないように新しい貿易貸借方法がいろいろ生まれ、最終的には14世紀の海上保険制度に行きつきました。尚、この当時作られた海上保険契約の基本的な内容は、完成度が非常に高く、今日国際貿易で使用されているロンドン保険業者協会( Institute of London Underwriters )の協会貨物約款( Institute Cargo Clauses※略してICC と呼びます)に受け継がれております。

参考文献:木村栄一著【海上保険】(昭和53年千倉書房版)