感染広がる新型コロナウイルス

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者は世界に広がっており、日本国内でも患者が複数報告されています。

真偽不明の情報が出回っていますが、感染者数の増加ペース見る限り、感染力は強い病気であることは間違いなさそうです。

新型コロナウイルスは、表面の突起が王冠に似ており、ギリシャ語の王冠(corona=コロナ)からコロナウイルス(coronavirus)と呼ばれています。中国では【新型冠状病毒/Xīn Xíng Quān Zhuàng Bìng Dú】と言います。※台湾などでは【武漢肺炎/Wǔ Hàn Fèi Yán】とも言います。

指定感染症への認定

2020年1月28日、日本政府は新型コロナウイルスを「指定感染症」に認定する閣議決定をしました。

指定感染症と言ってもピンとこない方も多いと思いますが、これまで4例しか認定されておらず、SARS(2003年)・H5N1型鳥インフルエンザ(2006年)・H7N9型鳥インフルエンザ(2013年)・MARS(2014年)に続く5年ぶり5例目の指定感染症となります。

指定感染症に認定されたことにより、都道府県知事は、新型コロナウイルスに感染した患者に対して法律に基づき強制入院、就業制限、接触者の把握や追跡など強制措置がとれることになりました。

取引先対応で注意すべきこと

感染力が強い上に、現時点で特効薬がないことから誰もが不安を感じるのは当然です。

しかし、感情的に動いたり、特定の地域の人に対して差別的な対応をするのは、当然やってはならないことです。

重要なのは、対外的な対応方法を従業員の判断に任せるのではなく、組織として明確なルールを取り決め従業員に周知徹底させることです。

特に会社に訪問しに来る取引先に対しては、新型コロナウイルスに対する自社の考え方および対応策を書面にして伝えることが重要です。

自社へ来る取引先向けアンケート用紙

集団で仕事をしている企業においては、従業員のだれか一人でも感染すると、接触があった全従業員の生活や業務に影響がでるだけでなく、取引先への訪問を断られたり、状況によっては事業全体を一時停止をせざるをえなくなります。

各企業は、BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)の一つとして対応策を考えておく必要があります。

参考として、自社への訪問を希望する取引先宛てに送るアンケート用紙のひな型を作りました。中国語繁体字、中国語簡体字、英語、日本語で記載しているので、中華系に限らずアジア諸国にも使えます。是非参考にしてください。

訪問顧客向け調査票(中国語・英語・日本語)